SMBCモビットは人気?

モビットは消費者金融で人気のあるカードローンです。2018年度オリコンの顧客満足度で1位になっています。

 

web完結、郵送物なし、電話連絡なし、スマホアプリでの借入等の様々なサービスを提供しているカードローンです。

SMBCモビットの商品内容

限度額 800万円
借入利率 3.0%~18.0%(実質年率)
申込できる人 年齢20歳~69歳以下の安定した収入のある方
※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合は申込できます。
即日融資
※申込時間によって翌日以降になります/td>

SMBCモビットは総量規制の対象で限度額は年収で決まる?

モビットは総量規制の対象となるため、年収によって借入できる金額や、収入証明書が必要となる金額が法律によって定められています。

 

まず借入できる上限は年収(税込)の1/3までと決められています。年収の1/3近くまで借りている人は、申込金額に注意しないと審査に落ちることになります。

 

そして借入額50万円または借入総額が100万円を超える時は収入証明書が必要となります。ただSMBCモビットは収入証明書が原則必要となっているため、用意して申込するようにしましょう。

 

SMBCモビットは借入が絶対バレないweb完結申込がおすすめ

SMBCモビットのweb完結の特長

  • 電話連絡がない
  • 郵送物がない

借入がバレると困るといった人はモビットのweb完結申込をしましょう。

 

モビットのweb完結は、借入がバレるリスクが非常に低くなっています。

 

まずは内容に問題が無ければ、電話連絡は一切なく全てメールでやり取りすることになります。身分証明書等もweb上で提出することができます。

 

そして契約書やカードが送られてくることもないため、借入がバレる心配はありません。

 

社会保険証または組合保険証が必要なため、自営業者の申込はできません。利用できるのは会社員や公務員となります。

SMBCモビットのweb完結の利用条件

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている
  • 社会保険証もしくは組合保険証を持っている

 

web完結で即日融資は受けられる?

モビットの審査時間は最短30分(月~金の19:00まで)となっているため、申込時間が早ければ当日にお金を借りることはできます。申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

ただカードレスでの取引となるため、融資方法が振込になると時間に制限が出てきます。ただモビットは、スマホアプリを使えばセブン銀行ATMから借りることができます。

 

利用できる時間は24時間365日となっていて、初めての借入から使えるため、審査結果が遅くなっても当日にお金を借りることができます。

 

web完結の申込の流れ

 

WEB完結申込から申込
書類提出
審査結果連絡(メール)
入会手続き
借入(振込、スマホ)

 

STEP1~3までが最短30分となります。web完結は原則電話がありませんが、確認のために電話連絡があることはあります。

 

web完結は郵送物が無く、カードレスなため、融資方法は振込またはスマホアプリとなります。カード発行はできません。

 

自営業者がSMBCモビットのWEB完結申込できない?

WEB完結

web完結を利用するには、社会保険証または組合保険証が必要となります。つまり国保の自営業者などはweb完結申込を利用できません。

 

ただモビットが利用できない訳ではなく、カード申込(上記画像左)から申込することができます。

 

カード申込の場合は、web完結と違い電話連絡があり、カードレスでの取引はできないため、必ずカードが発行されます。

 

カードはローン申込機(モビット)またはローン契約機(三井住友銀行)で受取できるため、遅くなっても営業時間内に行ければ、当日借りることができます。

 

ただ契約書書類一式は、必ず郵送されてきます。申込機や契約機を利用することはできないため、バレるのが困る自営者等にはおすすめできません。

契約時に郵送されてくる書類

  • 入会申込書
  • 契約内容確認書
  • 入会申込手続きの案内
  • 預金口座振替依頼書
  • 会員規約
  • 「Myモビ」の案内
  • 提携ATM一覧
  • 返信用封筒
  • 返済日、返済額についての案内
  • モビットカード(ローン契約機またはローン契約機で受取可)

SMBCモビットのローン申込機とは?

モビットにはローン申込機が設置してあります。プロミスやアコム等にも契約機は設置してありますが、モビットとは少し違ってきます。

 

アコムと違い、モビットのローン申込機では契約をすることはできません。申込をすれば簡易審査があり、通過すればカードを受取できます。ローン申込機ですることはここまでです。

 

その後は電話でのやり取りとなり、契約書類は自宅に郵送されます。webから申込後、カード受取もできますが、その場合はweb完結はできず、書類が郵送されてきます。

 

モビットのローン申込機を利用すると、必ず書類が送られてくるため、あまりおすすめはできません。

 

SMBCモビットは無利息サービスが無い?

モビットには、無利息サービスがありません。

 

無利息サービスとは、初めての契約の場合、契約日(初回借入日)から一定期間は金利が0%になり、利息が発せしないサービスです。その間に完済すれば、利息は0円となります。

 

消費者金融は、プロミスやアコム、アイフル、ノーローン、銀行カードローンは新生銀行カードローン(レイク)やジャパンネット銀行で無利息サービスがあります。

 

無利息となる期間は30日間となっています。ノーローンは7日間と短いですが、完済の翌月以降なら何回でも適用されます。

 

そして新生銀行カードローン(レイク)は30日間または5万円までなら180日間無利息になるサービスを提供しています。

 

SMBCモビットの10秒審査とは?

消費者金融や銀行のホームぺージを見ると簡易審査があり、融資が受けられるかを審査してくれます。

 

簡易審査で入力する内容は、年収や他社借入状況くらいです。審査結果は融資可能と思われるまた入力された内容では判断できないといった審査結果になります。簡易審査後に正式に申込する必要があります。

 

一方モビットの10秒簡易審査では、氏名や生年月日、連絡先、年収、希望金額等を入力する必要があり、約5分程度かかります。

 

入力すれば10秒で審査結果が届き、融資不可となることがあります。10秒審査は簡易的ではありますが、正式に申込をしたことになります。

 

信用情報が照会されるため、申込をして事実が信用情報に登録されます。申込をし過ぎると申込ブラックという状態になり、審査には不利となります。

 

クレジット機能付加できる?Tカードプラス(SMBCモビットnext)とは?

モビットのカードローンと三井住友カードのクレジットカード(Mastercard)が一枚のカードで利用できます。

 

まずはモビットの審査に通過してカード発行(カードレスも可)まで行います。その後会員サイト「Myモビ」のTカードプラス(SMBCモビットnext)から申込することになります。

 

クレジット機能は誰でも付けれるわけではなく、三井住友カードの審査に通らないと付けることはできません。審査に通ればカードが送られてきます。

 

クレジットカードを申込して審査中でも、モビットから借りることはできるため、振込またはカードを利用して下さい。

 

Tカードプラスという商品なので、Tポイントを貯めたり使ったり、Tマネーのチャージや利用もOKとなっています。

 

新規の人に限らず、既存の利用者でも申込することができます。