カードローン限度額と総量規制

MENU

カードローン限度額と総量規制の関係

カードローン限度額を大きく借りたいと思っても、誰にでも希望通りの金額を借りれるとは限りません。今のキャッシングローンやカードローンでは規制がかなり厳しくなっていますので、まずは借りる為にクリアしなければならない総量規制について説明していきたいと思います。

総量規制とはどんな制度?

総量規制とは、一言で言ってしまえば借りれるのは年収の3分の1までの金額です!ということです。本当に一言で言えば簡単ですが、総量規制はかなり複雑になっており、三分の一しか借りられない会社と三分の一以上借りれる会社に分かれます。

 

そして、絶対的に1/3までしか借りられない訳ではなく、総量規制例外貸付や除外貸付などもあって、一般的な人が理解するには非常に困難な法律とも言えるのです。

年収の3分の1までしか借りられない会社とそれ以上借りられる会社とは?

先ほど総量規制は年収の3分の1までしか借りられない規則と話しましたが、それはあくまで消費者金融やクレジットカードのキャッシングに限られます。銀行からの融資は年収3分の1は関係が無く、銀行側は総量規制とは無縁の関係なのです。

 

このことを総量規制対象外と呼んでおり、消費者金融で年収600万円の人は1/3の200万円までしか借りることができませんが、銀行であれば年収600万円でも250万円を融資することは法律上問題が無いことになります。

 

あくまで法律上は問題ありませんが、銀行が融資をするかしないかは審査次第となり、審査は消費者金融よりも厳しいのが確実なので、誰でも総量規制以上借りられると言うわけではないのです。消費者金融の審査についてはこのサイトを参考にすると良いと思います。

レイクは消費者金融から銀行カードローンとなり総量規制対象外!

総量規制は消費者金融が受けるものですが、注目したいのは、新生銀行カードローンレイクです。レイクは消費者金融でしたが、貸金業法改正に伴い、新生銀行が直接貸付する銀行カードローンとなりましたので、年収1/3規制はありません。

 

銀行カードローンとなることで、総量規制だけでは無く、収入証明書の取得義務も無くなり、借りてにとってはメリットが非常に高くなります。レイク自体の商品内容は同じの為、新生銀行カードローンとしたことで、実質的に総量規制を免れた例と言えるのです。

カードローン限度額を上げたいなら銀行カードローンへ!

もしカードローンの限度額を将来的に上げたいと思っている人は、消費者金融に申込みするのではなく、銀行カードローンへ申込みすることをおすすめします。

 

その理由は先ほど説明したように、消費者金融では総量規制があって年収の3分の1までしか融資をすることができません。どんなに延滞もせず、良好な取引をしていたとしても限度額を上げる上限が最初から決まっているのです。

 

しかし、銀行カードローンは総量規制対象外になるので、限度額は基本的に決まっていません。何年も良い取引をすることができるならば、銀行カードローンでは年収の1/3以上の限度額を設定される可能性は充分にあるのです。

 

これから銀行カードローンや消費者金融へ申込みを検討しているひとは、総量規制と限度額の関係を知っておくことがより良いキャッシングローンにつながるのです。