広島銀行カードローンのスペックを紹介!

広島銀行カードローンキャプチヤ

中国地方の地方銀行で、唯一総資産ランキングベスト10に入っているのが広島銀行です。

 

その広島銀行もカードローンを販売していますが、取扱種類の多いことが特徴になっています。代表的なものとしては「ハローローン」と「マイライフプラス」があります。なお、広島銀行の口座を持たないと利用できません。

 

ハローローンは学生以外であれば、パート・アルバイト、新入社員、専業主婦、年金受給者でも申込が可能です。貸出限度額は500万円で一般的ですが、金利が12.0〜14.6%と高めになっています。

 

金利の内訳は90万円以下・14.6%、100万円以上290万円以下・14.0%、300万円以上500万円・12.0%となっており、90万円以下は低く設定されていますが、100万円以上の金利が消費者金融並みであり、借入が100万円以上になると利用価値はほとんどありません。

 

申込はインターネット、電話、FAX、郵送、店頭窓口から行います。インターネットの場合、利用限度額が30万円以下(ハローローンミニ)と30万円超とでは申込の手間が異なります。

 

ハローローンミニは入力項目が簡略的になっており、住所・氏名・生年月日・年収・連絡先・勤務先情報などしかなく、通常ローンは家族構成や他社借入状況など詳細な記載が必要です。

 

仮審査通過後は本申込書が自宅へ郵送されます!

仮審査に通ると正式な申込書が送られて来るので、本人確認書類などを添えて返送します。返送後1週間程度でカードが送られてきます。

 

借入はATMを利用する方法とインターネットバンキングで広島銀行の口座に入金してもらう方法があります。ATMは広島銀行の他、ゆうちょ銀行などの金融機関のATMや提携コンビニのATMが利用できます。ATM利用手数料は有料です。

 

約定返済は毎月7日における広島銀行の口座からの引き落としです。約定返済額は50万円以下が1万円で、50万円超100万円以下が2万円です。

 

一方、「マイライフプラス」は貸出限度額の500万円はハローローンと同じですが、金利が3.475〜13.975%の変動型と、8.0%の固定型があります。どちらを利用するかは審査によって決められますが、いずれにしても、マイライフプラスの方がお得です。

 

なお、マイライフプラスを利用するには年収200万円以上が必要であり、また、パート・アルバイト・年金受給者は利用できません。

 

インターネットから申し込む場合はスピード型と通常型がありますが、両者の違いはハローローンにおけるミニと通常タイプの違いと一緒です。なお、借入・返済方法、約定返済額はすべてハローローンと同じです。

 

ちなみに、女性用の「マイライフプラスルティアラ」の条件・内容はマイライフプラスと同じです。

 

広島銀行カードローンの総評

広島銀行カードローンは限度額が最高500万円なので、銀行カードローンの中では低い方になっています。最近、みずほ銀行が限度額を1,000万円から800万円に下げましたが、正直、カードローンの最高限度額で審査に通る人などほとんどいませんので気にしなくても良いレベルでしょう。

 

デメリット部分を書くとすれば、申込はインターネットから可能ですが、仮審査に通った場合、本審査の申込書が郵送で送られて来ます。

 

自宅に届くのが嫌な人は店頭窓口に取に行けばいいのですが、正式審査通過した場合、また郵送になることから、内緒で借りる人にはあまり向いていません。

 

今のカードローンはプロミスを筆頭に、WEB完結やカードレス対応によって、自宅への郵送物は一切無しになっていますので、プライバシーを重視したい人はプロミス等の消費者金融への申込をお勧めいたします。